資金計画管理システム

資金計画管理システムとは

資金計画管理システムは、会社の資金繰りを簡単な操作で作成し、数カ月先の資金の状態を常に把握できることを目的とした商品です。

今の仕事を振り返ると・・・

売上だけを考えて、ボリュームのある仕事を優先的に受けている。
長い付き合いのお客様だから言われた金額で仕事を受けている。
費用の支払いに追われる。
これでは、利益が出ているのかがわかりません



計画段階から仕事毎の売上と経費をチェックできれば、利益の出る仕事、あまり利益の出ない仕事、赤字になる仕事、がわかってきます。
質のいい仕事だけを受ける事で利益は生まれます。
この結果、会社の資金に余裕が生まれ、事業の安定・発展が現実のもとなります。


このシステムを使うメリット

こんな事が起こります。

  • 仕事毎の収支が見えるので利益がわかり、やりがいが出てくる。
  • 数カ月先の資金繰りが見えると、苦しい状況から明るい光を見つけ出せる。
  • 資金状態が分ると、将来の経営が見えて、今後何をすればいいかがわかる。
  • 資金計画が明確になり、銀行にも相談できるようになり、資金繰りが楽になる。


このシステムの簡単な使い方

資金計画管理システムは、エクセル上で動作する商品です。
使い慣れたエクセルと同じ操作ですので簡単に使えます。


システムの説明
現在YouTubeで資金計画管理システムの動画マニュアルを公開中です。
こちらからどうぞ

案件入力

 

この画面で、予定している案件のデータを入力します。
得意先から注文が来そうな案件を予定として入力します。
いつ納品すると、いつ入金されるかが一目でわかります。
手形取引の場合でも、サイトの計算を自動で行うので入力時に入金月がわかります。

仕事を実施するのに必要な、仕入や外注費も入力します。
わかっている事を全て入力すると、その時点での粗利が見えますので、仕事を受けるかの判断ができます。

仕事に着手したら、実際の数字を入力し、確定します。

固定費その他収支入力

この画面で、毎年固定的に発生する費用を入力します。
金額は、人件費、一般経費、借入金の支払などをざっくりと入力します。
その他の収支として、案件に関わらない売上や、借入が発生した時などにその金額を月単位で入力すれば大丈夫です。

会社情報登録

会社の会計年度、前年の繰越額、自社担当部署、支払区分(何に使ったかを区分したい場合)などを最初に登録します。

得意先・支払先登録

得意先や支払先(仕入先、外注先など)の情報を登録します。
手形決済を行う得意先については、手形のサイトや取引条件を登録すると、入金月を自動で計算出来るようになります。


管理資料

売上計画表


得意先別や受注日別に売上計画表を作成します。
案件ごとの売上金額、支払金額、粗利が確認出来ます。

入金一覧表


得意先別、月別に入金金額を集計します。
現金入金と手形期日入金に分けて集計されます。

支払一覧表


支払先別、月別に支払金額を集計します。

資金繰り表


2年間の資金の状態を月別に確認する事が出来ます。
早期に資金の手当てを計画できます。

月別資金繰り表


指定された月の資金の流れを日付順に集計します。
月間の資金の流れを確認する事で、資金不足を早期に発見出来ます。


安心のサポート

ご購入後も訪問、電話によるサポート付です。
こんな事にも対応します。(内容により有料になります)
今お使いのシステムと連携してデータ入力を楽にしたい。
入力したデータで経営分析をしたい。(利益率の高い商品や得意先の分析など)
自社に合わせたカスタマイズをして欲しい。

価格

価格:123,000円(税抜き)

安心のサポートが付いています
別途、御社向けの機能追加、機能修正も随時承っております。
お気軽にご相談下さい。
お問い合わせはコチラから