お知らせ
2019/02/28
経済産業省より情報処理支援機関(Smart SME Supporter)に認定されました。
2018/12/16
音声入力アプリ『koeSOKKi-Note』を無料でお使いいただけます。
Google Playからダウンロードできます。
2018/08/01
新サービス『koeSOKKi(コエソッキ)』サービスページをオープンしました。
2018/04/20
IT導入支援事業者に採択されました。IT導入補助金申請のご支援をいたします。
2018/02/01
「御社の情報システム部」サービスが埼玉県の経営革新計画に認定されました。
2018/02/01
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のセキュリティプレゼンターに登録しました。

御社の「業務効率改善」に注目

政府が進める「働き方改革」では、「長時間労働の是正」、「正規・非正規の格差是正」、「労働人口の増加」をテーマに進められています。
長時間労働の改善という事で、強制的な残業の禁止を行えば従業員は逆に働きづらいと感じたり業績に悪影響を与える可能性もあります。
長時間労働の改善には、根本的に現在の業務を見直し、社内業務の流れを改革する必要があります。
当社では「働き方改革」にも対応した、業務効率化のための「業務効率改善サービス」と、報告業務を音声入力で済ませて報告業務を効率化する音声入力アプリ「koeSOKKi」をご紹介します。

業務効率改善サービス(サービス名:御社の情報システム部)

社内業務を分析し、ITを活用して社内業務の効率化を目指すサービスです。
業務を効率化する事で、御社の利益を増加する事が期待できます。
具体的には、皆さんが普段よく使っているエクセルシートを自動化して業務の効率化を実現したり、御社に適切なパッケージ商品の使い方の支援します。
中小企業庁ミラサポ専門家として30回以上の支援経験を御社の業務改善支援に活かします。
今まで20社以上の中小規模の事業者さんの業務を改善し、業務効率の向上を達成しました。
今までにない、新しいITの利活用に特化した利益向上サービスです。
きっと御社も、今までの不満を解消し利益の向上を実現できます。

  • 無駄な社内業務や効率の悪い業務を再設計して作業効率を上げ残業を減らします
  • 業務の属人化を排除して誰でもが業務を行える働きやすい環境を構築します
  • もっと便利に使えると思っている事を実現します
  • 今までの業務が劇的に便利になります
  • 御社の利益向上につながる上手なITの活用方法を伝授します

業務効率改善サービスの詳細はコチラから

音声入力アプリ「koeSOKKi」

声を速記するからコエソッキ!
キーボードがなくても、しゃべるだけでデータを入力できる。

  • 店舗内のいろいろな情報を音声で記録して、スタッフ間で共有する
  • 施設内の離れた場所の状況を音声で記録して、一か所で集中管理する
  • 外仕事での作業内容や営業活動を記録して、エクセルの報告書を作成する
  • 日本語は話せるけど、書くのが苦手な外国人人材がエクセルの報告書を作成する
特許出願中(特願2018-134553)

koeSOKKi-Noteを無料でお使いいただけます。
koeSOKKi®は、株式会社アクセプトの登録商標です。
「koeSOKKi」の詳細はコチラから


お客様の声から生まれた商品

資金計画管理システム

資金計画管理システムをご利用いただくと数カ月先の資金の状況が分ります。
むずかしい会計の知識は必要ありません。
当社のお客様のほとんどが資金計画管理を実現しています。
だれでも簡単に使う事が出来ますので、始めてみませんか!!

  • いつも資金繰りに追われている
  • 入金と支払いの状況がわからない
  • 銀行と相談する時の資料がない
  • 利益の出ている取引先が分らない



資金は会社の血液です。どこかで出血したり、ちゃんと流れていないと会社の経営は行き詰ってしまいます。
今会社にお金がいくらあって、いついくら入金され、いついくら支払うかが分らない不安な日々とは決別しましょう。

「資金計画管理システム」の詳細はコチラから

個別原価計算システム

製造業や、サービス業などので仕事毎の個別の原価を知りたいと思っている皆様へ。
ぜひ、ご検討下さい。

  • 受けた仕事が儲かっているのかわからない
  • 販売価格は本当に適切な価格なのかを知りたい
  • 従業員の時間の使い方は適切なのか知りたい
  • 過去の似た仕事と比較したい

個別原価を知る事で今までわからなかったことがいろいろ見えてきます。
「個別原価計算システム」は、御社の事業に合わせて個別原価を簡単に計算できるシステムです。


経験や勘からの経営から脱却して、正しい利益を知ることが重要です。
会社の現状を知って利益を生む会社経営を支援します。

「個別原価計算システム」の詳細はコチラから